« ロサンゼルス旅行記part5(ラスベガス編) | Main | ロサンゼルス旅行記part7(ラスベガスプレミアムアウトレットノース編) »

January 02, 2013

ロサンゼルス旅行記part6(グランドキャニオン編)

アメリカでも年があけました。
今日も旅行記の続き

12月27日 滞在6日目

ラスベガス2日目です。2日目は待ちに待ったグランドキャニオンへと向かいます。
朝早起きです。昨日コンビニで買っておいたサンドイッチとフルーツを詰め込み、バスへ。
カジノで徹夜でギャンブルしていたと思われる方々もいましたよ。
不思議なのが、意外とふつうな人々がカジノにのめりこんでいること。私はお金持ちの道楽だとばかり思っていたので、これはびっくりでした。日本でいるパチンコみたいなものなのかもね。

アメリカ時間でやってきたバスに乗り込むこと、数時間。ネバダからアリゾナ州へ。
周りはごつごつの岩山ばかり。でも雪がちらほら舞い降りています。寒そう。
子供たちは、ドライバーさんが気を利かせて入れてくれたニモのDVDにくぎ付けです。

さて途中、お昼のためにこちらの町に立ち寄りました。なんでもグランドキャニオン鉄道が走っていたとか。町の名前はよくわからない。
Img_9805
一面雪景色です、さらさらのパウダースノーでしたよ。
ランチはバフェタイプの食事。すごい行列でおかわりは無理でした。でもしっかりチョコレートケーキとアイスクリームは食べた。。
観光地っぽくかわいい街並みが続きます。クリスマス過ぎても、あいかわらずアメリカはクリスマス雰囲気たっぷり。
Img_9813

走ること数時間。ごつごつとした岩山はあまりなくなってきました。どこまでも平原、平原。あいかわらず雪は降っていますが・・・。グランドキャニオンのごつごつとした赤山はどこにあるのでしょう。と思っているとあっという間にグランドキャニオン・ナショナルパークのゲートへ。あれ??ここ?
場所はサウスリムという名前だそうです。雪は深く日本の清里みたいな感じ。高原ですね。バスはゲートをくぐり、どんどん進みます。バスがついた場所はふつうの高原です。どうやらここがポイントのよう。
雪道を5分ぐらい進むと・・・・。
目の前にこんな景色が広がりました。
Img_9816

写真で見た、ガイドブックで見たの景色です。すばらしい・・・。こんな景色見たことがありません。
Img_9823

雪はところどころかぶっています。下のほうにコロラド川らしき川がうっすらと見えました。
Img_9825


グランドキャニオンはもともと海底だったそうです。それが地殻変動により隆起をくりかえし、コロラド川が大地を侵食してこんな感じになったらしい。幾重にも続く地層が、模様がなんとも素敵。コロラド川の侵食は今も続いており、いつかはモニュメントバレーみたいな形になるといわれているみたいです。
私のグランドキャニオンのイメージは、赤山を登って行って、この景色が開けるとずっと思っていました。ところが、平原の中に突然この景色が現れるんですね。まるで大地の裂け目のよう。なんでもトレッキングなど、毎年事故は絶えないようです。足を滑らせてみたいなこともありそう。
次のポイントブライト・エンジェルポイントへ。こちらはロッジ併設なので景色を堪能した後はお土産を選びました。
こんな偉大な景色、もう二度とみられないでしょう。目にしっかり焼き付けておかないとね。
こんなすばらしい場所に連れてきてくれた夫に感謝です。


滞在時間は2時間ほどでしたが、もときた道を戻ります。また5・6時間のバス旅です。子供たちはすっかり夢の中。私も夢の中。バスで撮影したベガスの夜景。まるで宝石箱をひっくりかえしたようなキラキラの夜景。いろんな色の光が点滅していてとてもきれいでした。写真はいまいち。
Img_9845

眠らない町ベガスに帰ってきました。
ホテルの部屋からの夜景です。
ほんとに眠らない町です。
Img_9792


私たちはもう寝ます。

旅行記7日目へ続く~

エコクラフトのサイトにたくさん出会えます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ エコクラフトへ

|

« ロサンゼルス旅行記part5(ラスベガス編) | Main | ロサンゼルス旅行記part7(ラスベガスプレミアムアウトレットノース編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロサンゼルス旅行記part6(グランドキャニオン編):

« ロサンゼルス旅行記part5(ラスベガス編) | Main | ロサンゼルス旅行記part7(ラスベガスプレミアムアウトレットノース編) »