« 謎解きクリアファイル | Main | 保温式お弁当箱、当たりました。 »

June 24, 2013

藤子・F・不二雄ミュージアムへ

今日は子供たちは振替休日で学校がおやすみ。
私も会社を振替にして、子供たちと藤子・F・不二雄ミュージアムへ行ってきました。
場所は登戸から直通のバスで向かいます。
バスもドラえもんやパーマンなど、いろんな絵柄が描かれているバスが交互にやってきます。行きはドラえもん、帰りはパーマンでしたけどね。

エントランスでおはなし電話を借り、それを耳にくっつけて、ガイダンスや説明を受けながら展示室を回っていきます。ちょうど、大長編ドラえもんをやっていました。
懐かしい映画の原稿が飾られていました。おはなし電話で全部を聞くとすごい時間になっちゃう。
息子がこの電話におおはまり。なかなか出てきません。


さて、展示室を出て、Fシアターで軽くアニメを見た後、
ミュージアムレストランの予約へ。11時すぎ時点で、70分待ちだったかな?
とりあえず予約をして、3Fのはらっぱへ向かいます。
ここがかなり気持ちいい。
F20131
のび太の大好きな裏山みたいなこんもりとした森にちょこちょこっと展示物があります。
もちろんドラえもんや
どこでもドアー、もしもボックスなど。ドラえもん好きじゃないあなたも一度は見たことのある秘密道具が・・・。

私が小学校のころ、初めて映画館に連れて行ってもらって見た映画
「のび太の恐竜」のピー助もちゃーんといます。
F20132

森の中には、いろんな隠れキャラが存在しているようで、ドラえもんお宅の子供たちは、あれが、なんだかんだと説明してくれるが一向に覚えられない。

こちらのメインスポット?きれいなジャイアンが見れるきこりの泉も見てきました。
手押しのポンプがなんともよかった。

6月15日はジャイアンの誕生日だったらしく6月の間はジャイアンフェアーをやっているよう。
このきこりの泉のキーホルダーやジャイアンのTシャツなどなど、いろんなジャイアングッズが売られていました。娘はドラえもんの文具グッズを、息子は本を買ってました。お土産のお菓子なんかもたくさん。
その後は、食事の時間が来るまでまんがコーナーでまんがを読んで時間をつぶすことに。

私は、「エスパー麻美」をセレクト。
子供のころ、アニメでしか見たことがなかったけれど、原作本、奥が深くて面白い。
エスパーという表現がなんともあの時代ですが、超能力で相手の心情や心の闇を読み取って、助けてあげる。
そんなヒーローものだったんですね。ただ麻美が少女なだけに、危ない目にあうシーンもちらほら。
アニメ、そうだったっけ??と思いつつ、読み進める。

レストランの受付表、QRコードがあり、それをスマホで読み取ると、呼び出し電話をしてくれます。このサービス便利ですよ。ぎりぎりまでまんが読むことができました。

さて、待ちにまった食事タイム。
私はジャイアンフェアを記念にカツどんを注文。
F201303
ハッピバースディジャイアン♪
どんぶりの底には、「心の友よ~」をメッセージが。

娘はジャイアンのシチュー
F201304
ちゃんとレシピどおりに、大福、煮干、いか(塩辛)、たくあん、せみの抜け殻(これはえびせんべいでした)が並ぶ
おなかを壊しそうな取り合わせですがすごくおいしいシチューでした。一緒に、あじのもとのもと、出てきましたよ。
シチュー皿にもあの有名な名言が。「おいしいか、うまいか、どっちだ」
これ、今度使ってみよう。
息子はドラえもんのキッズプレートを頼みました。


さて忘れてはならないのが、トイレシリーズ。
カリフォルニアのディズニーでも、しつこくトイレを写真に収めていましたが、
F201305
なんと、こちらのミュージアムはしずかちゃんバージョンでした。内股が我慢している風。
男のバージョンは写真に収めることができず。


お土産も買ったし、早々に帰宅。バスを待っていると
レンガの隙間からドラえもん。
F20136このあたりが、本当に、藤子・F・不二雄一色で、標識や河川沿いの柵にもドラえもんが施してありました。
ドラえもんで町おこしかな?


ミュージアムなので、アトラクションなどはありませんが、とにかく食事はおいしかった。
今度は11時まで限定の先生の朝食と、おやつを食べてみたいな?

エコクラフトのサイトにたくさん出会えます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ エコクラフトへ


|

« 謎解きクリアファイル | Main | 保温式お弁当箱、当たりました。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 藤子・F・不二雄ミュージアムへ:

« 謎解きクリアファイル | Main | 保温式お弁当箱、当たりました。 »