« 明日から | Main | セブ島 2日目~シャングリ・ラ・ビーチステイ編~ »

June 22, 2014

セブ島 1日目~移動編~

セブ島から無事に帰ってきました。旅行レポが遅くなってごめんなさい。
ぼちぼちアップしていきます。
まずは、セブ一日目。

会社の方々と来るまで成田へ向かいました。家を出たのが8時半。ちょっと渋滞にはまりましたが、無事に3時間で成田空港へ。

チェックイン後、会社の方々と免税店をうろうろ。
そこでお土産をあらかじめ買っておこうということなのです。
お土産用に、社長がウィスキーを3本購入したのですが、そこで1本につき、しっかりとしたボストンバックがついてきました。これもお土産になるねーと言いながら笑っていたのですが・・・。このおまけのバッグが後々トラブルを招こうとは・・・

さて14:25分発のフィリピン航空が遅れに遅れ、
1時間遅れで出発。驚いたのは機内。3シート、3シートの合計6シートのみの小さな飛行機。
(国際線として、乗った中で、一番ちいさいかも)
しかも、前後のシート幅もせまくぎゅうぎゅうでした。
なんとオーディオ設備もなく、その時雑誌の一つも持っていなかったので、それから苦痛の5時間を過ごすこととなります。

機内食はというと、うーん。デルタレベルと言いますか、あまりおいしくはなかったです。
お隣の社員さんが、とんかつを食べていましたが、ウスターソースのあんかけがかかっていました(苦笑)
デザートはなんとMOWのアイスクリーム。これにはびっくり。意外とおいしかったけどねー。

機内食も終わると早々に電気が消され、ひたすら寝ることに。なんにもやることがないので・・。


セブ空港に着いたのが、だいたい19:30ごろでしょうか。
現地時間は、1時間の時差でしたから、18:30くらいかな?
ここで税関にとめられます。

そう、あのおまけのバッグ3つです。
なんとどこかの高級ブランドバッグと見間違われ、そのままパスポート没収。(私だけ)
つたない英語で、おまけと伝えたいのですが、伝わらず。
「お酒を買ったら、サービスサービス」←苦し紛れ
「このバッグはフリー」
もういろいろ英単語を並べておりましたら、税関の女性が根負けして、仕方ないなと開放してくれました。
パスポートも無事に戻ってきましたよ。会社の方々も一緒に助けてくれました。

さていよいよ専用バスにて、マルコ・ポーロ・プラザ・セブホテルまで
S1

ホテルに着いたら、そのまま会議室で鍵を渡され、「ミサワホームの夕べ」が始まりました。
いろんな不動産業者さんたちとお話ができます。
お料理はコース料理でした。
S2

全部の料理は取り忘れてしまいましたが、おいしかったですよ。
こちら白身魚のソテー、マッシュポテトとグリル野菜添え
S3

デザートはフォンダンショコラ風とアイスクリーム
S4

食べている最中にフィリピン民族舞踊のショーがありました。
S5
途中、カラオケならぬ歌のショーもあり、とにかく長かった

宴もたけなわ。お開きとなり、やっとお部屋へ。
私は今回一人部屋です。
17階のオーシャンビュー。後から聞いたのですが、同じ会社の方々はみなさんシティビューで、景色はあまりよくなかったみたい。ホテルがTopsという高台にあるため、景色はとてもよかったです。
ただ、コネクティングルームの片割れで、すごーく壁が薄かった。隣の部屋のおじさんのくしゃみまで聞こえるくらい・・・これには閉口しました。
さて、お部屋の全貌です。
とても大きいダブルベッド、デスクやくつろげるオットマン付チェアもあります。
S6
この赤いモダンな枕。
社員さんがこの枕でうっかり寝てしまい、耳たぶを刺されていました。フィリピンのダニ恐るべし。

洗面所
アメニティもよかったです。タオルもふかふか。
S7

ただバスタブがなく、シャワールームでした。
S8
ガラスのドアが半分しかなくて、シャワーの浴び方を工夫しないと、べちゃべちゃになります。
シャワーの水圧は普通。他の社員さんの部屋は初日、水しか出なかったみたい。私の部屋は大丈夫でした。
バスタブがあるお部屋もあったみたいなので、部屋によるのでしょうかね。


荷物をほどくと、ホテルの中を散策してみることに。
下のプールへ行ってみました。ライトアップしてとてもきれい。
S9

プールの横にプールバーがありました。
S10

ただこちらのバーはもう閉まりかけていて、みなさん、ロビーラウンジへ。この日は、移動と食事会だけでしたが、とても疲れました。そのままバタンキューで眠りにつきました。


旅行記2日目へ続く・・・・。

エコクラフトのサイトにたくさん出会えます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ エコクラフトへ

|

« 明日から | Main | セブ島 2日目~シャングリ・ラ・ビーチステイ編~ »