« セブ島 1日目~移動編~ | Main | セブ島 3日目~買い物&スパ三昧編~ »

June 22, 2014

セブ島 2日目~シャングリ・ラ・ビーチステイ編~

セブ島2日目。

1日目の夜は疲れているせいか、あまり眠れませんでした。
意外と緊張して(初めての海外旅行で一人部屋だし)寝坊したらどうしようとか、目覚ましなるかな?とか心配で熟睡できない意外と小市民な私なのです。朝、5時半に起きたら、空は曇り空でした。今日はこれから海に行くのにね。
S11

7時くらいに、下のビュッフェレストランへ。
昨日はあまり気がつきませんでしたが、ロビーはとても広くて豪華です。
S12

S13

ビュッフェは1階のレストラン
お料理は、多国籍料理で、いろんな種類がありました。
アジアコーナーには変な魚の干したものがあったり、おかゆがあったり、麺類があったり、社員さんは食べていましたが、私は結局3日間ともお世話にならず。こちらのビュッフェでは、一番クロワッサンがおいしかったです。楽しみにしていたマンゴーは、アンデスメロンか!!とつっこみをいれたくなるくらい硬いお品でした。

おなかいっぱいになったので、一旦部屋に戻り、ビーチの準備をして、またロビーへ。
こちらにツアー会社のバスがピックアップに来てくれます。めざすは一日ビーチステイの場所、シャングリ・ラ・マクタン・リゾート&スパへ。
マルコポーロプラザは、セブシティにあるのですが、シャングリラは、マクタン島というリゾートエリアにあります。車を飛ばすこと1時間。全く違う雰囲気のホテルです。ザ、リゾートといった感じ。
S20
ゴルフ場みたいなきれいな芝。いやゴルフやってる?
S21


バスでどんどん奥へ。目指すはホテル内のPTNトラベル。こちらでダイビングとパラセーリングのプログラムを予約していました。私はパラセイリングのプログラムをセレクト。なんでも世界一の高さまで上がるとか。
他の社員さんは、ダイビングをセレクトしました。
みなさん、きちんとビデオで講習を受け、ホテル内のプールでもぐりの練習をしっかりします。

PTNトラベルの中はこんな感じ。
あまちゃん、南部ダイバーかっ!
S14
シャーク
S15
こちらもシャーク・あーん
S17
パイレーツオブカリビアン
S16
シャワールームもかわゆし。
S22_2
ドクターフィッシュ 500ペソ やらなかったけど
S18

S19


こんな写真を撮っていると、名前を呼ばれていざ、パラセーリングへ。
ちょっとしたボートに乗って、少し沖まで出ます。
スタッフ(現地の方)が一生懸命ボートを走らせながら、少し色のあせたパラシュート?を膨らませますが、途中でしまいはじめてしまいました。なぜ?スコールが降り始めたから??なんて心配をよそに、今度は若干、色が鮮やかな(前のと比べて)パラシュートを膨らませます。今度はうまくいきそう。
私は、頼りないやわらかな布のバックル付のベルトを体に装着し、船の先端に座らせられました。お尻はその頼りない布製ベルト一本。あれ?なんだか、かごとかクッションとかないのかしら??と思っていると、ワイヤーがビューんと伸びて、浮上。。あれーーーー。


みるみるうちにビル45階立ての高さまで。。
ひやぁ、スコールも上がり、上空では風切り音だけが聞こえます。すごく気持ちい。でもすごく怖い。だって足がぶらぶら。体勢を変えようにも、私のでっかいお尻を支えている便りない布製ベルトがきしきし言います。
これは、そのままの前かがみの姿勢を保つべし。私の本能がそう言います。
ちょっと不自然ですが、斜め45度下を見つつ、私のパラセーリング体験は終わりました。10分から15分くらいかな?


戻ってきたら、社員のみなさん、プールでレッスンの真っ最中。私も隣で、プールで一泳ぎ。みなさんのレッスンが終わり、今度は船に乗って海へ行くというので、私もついていきました。
シャングリラの海は、海洋保護区になっているので、魚も多いとか。私はコチラでシュノーケルのセットをレンタルしました。プライベートビーチから程近いところで、ボートは停泊。みなさんは次々に海へ。私も海へ。浮島がところどころにあり、そこにカラフルな熱帯魚がたくさん。人を全然怖がらず、餌付けもしないのに、どんどん近寄ってくるのです。でも大きい魚は、ダイビングの皆さんがいる辺りにいかないと見れない感じ。

もったいないので、フィンで思い切りキックして、浅瀬のほうまで泳いで遊んでいました。浅瀬に行くと、大きな魚もだいぶ近くで見れましたよ。珊瑚も色とりどりのヒトデもたくさん。途中、ハードコンタクトがずれてしまい、停泊していたボートで休んでいると、みなさま、30分のダイブを終えて帰ってきました。

下には、イソギンチャクやニモもたくさんいたみたい。

ダイブを終えて、PTNトラベルへ。これからランチビュッフェです。シャングリラのビュッフェは5つ星なんだって。
評判に劣らず、すごくおいしかったよ。盛り付けきたなくてごめんなさい。
S23
マンゴーがマルコポーロとは違い、とても甘酸っぱくて最高でした。やわらかさもグッド!もっと食べたかった。
みなさんビールを飲んでくつろいでいると、なんと雨が。しかも本降り。コレはスコールのレベルじゃありません。心地よい海風を感じながらボーっと過ごしていました。

あまりにもやまないので、しびれをきらして、ビーチへ。
ビーチ沿いに屋根つきのベッドがあります。みなさんそこでご休憩。
私はせっかくだからと海へ。

救命具をつけて海に入るルールがあるみたい。
結構深いの。
S24

水はとてもきれいでした。お魚もたくさん泳いでいます。
小さな沢蟹が泳いで社員さんの肩につかまっていたので、つかまえて、フィリピンのおこちゃまにあげたら、
「マミー、クラーブ!!」といって興奮していました。
S25

S26

S27

午後3時。スコールはあがりましたが、ホテルに帰る時間です。
シャングリラ、素敵だったなぁ。もう少しステイしたかった。

そのままシャワーもあびることなく、バスに乗って、マルコポーロへプラザへ。またまた走ること1時間強。夕方はセブシティ、渋滞がひどいようです。朝より時間がかかりました。どうやらうす曇でも日焼けしたみたい。鼻の頭が真っ赤です。日焼け止め塗りなおししなかったからなぁ。。。。とりあえず、部屋で熱いシャワーを浴びて、だめもとの美白化粧水をぬりぬりしました。。時すでに遅しですが・・・。


さて、夜は、同じ町田の不動産業者のご夫妻と、ホテル近くのイタリアンレストランへ。
「Anzani アンザニ」です。
3つ星レストランで修行したシェフがいるらしく、こちらはお酒もお料理も最高でした。
最初に配られた変な形のパンしか写真がない。
S28

社員さんたちは、夜のシティへと遊びに行きましたが、私は、ご夫妻の奥様と一緒にホテル内のスパへ。
予約をしていたのですが、二人で一緒に予約をしていたので、セパレートにはなっておらず、同じ部屋で、仕切りが一つあるだけでした。発対面ですが、バスタオル一つで談笑。セレクトしたのは、死海の塩を使ったスクラブマッサージ。これが本当にバットセレクトで・・・

最初に、スクラブでごしごしマッサージされるのですが、まるであかすりみたい。
もう痛くて痛くて、途中、奥様と一緒にシャワールームへ行ったのですが、二人とも体中、真っ赤。顔はやめてもらおうねと、つたない英語で説明しました。
一生懸命説明したにもかかわらず、もともとフェイシャルはスクラブマッサージはなかったみたいで、「ノー!スクラブ!」とにっこりされました。

シャワーを浴びた後、オイルでマッサージしてもらいましたが、これはとても気持ちよかったです。フェイシャルも蒸気をあててほんのりあたたかくて、さっきまでの苦行がうそのよう。すっかりうとうとしてしまいました。210分のプログラムあっという間でした。

そのまま部屋のベッドへ。
シャワー浴びていてよかった。記憶があまりありません。。おやすみなさい。

旅行記3日目へ続く・・・・。


エコクラフトのサイトにたくさん出会えます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ エコクラフトへ

|

« セブ島 1日目~移動編~ | Main | セブ島 3日目~買い物&スパ三昧編~ »